ハウスメーカーの魅力

ハウスメーカーで家を建てる方、必見です!

ハウスメーカーで家を建てようと思った場合、1社だけで見積もりをとるのではなく、複数社の見積もりを取ることをお勧めします。
なぜならメーカーによっては、広告宣伝費にコストをかけているため建築費が高くついてしまっていたり、営業コストがかさんでいる会社だったりといった直接家とは関係のない部分でのコストの上乗せが発生している場合もあるからです。
複数社比較することで自分にとって最適なメーカーを探すことができるので、事前に断り方も考えておかないといけません。

複数のハウスメーカーで見積もりをとったときの断り方

複数のハウスメーカーで見積もりをとったときの断り方 ハウスメーカーで見積もりをとってみたらおもったよりもずっと高い金額を提示されてしまった場合、他社でも見積もりを取っていてそちらのほうが内容やコストが良かった場合断る必要がでてきますが、そのような場合の断り方次第で状況が変わってきます。
内容があきらかに他社のほうが良かった場合は別ですが、もしコストがもう少し抑えられていればそのハウスメーカーで契約する可能性もあるのであれば、正直に他社のほうが安いという事とその内容を伝えるようにするとよいでしょう。
そのことによって、断られたハウスメーカーも人件費の削減や、利益の縮小化などによりコストを抑える努力をしてくれて、希望の価格に近い形で提示しなおしてもらえる可能性もあります。

ハウスメーカーは比較表を見て選ぶのがポイント

ハウスメーカーは比較表を見て選ぶのがポイント 住宅を新築するときに役立つのが、ハウスメーカーの比較表です。
どこのハウスメーカーを選ぶか決めかねている場合には、それを見て比べながら実際に展示場などを見に行って決めると安心して住むことができる住宅を建てることができます。
メーカーといっても価格帯は中小から大手まで大きく異なりますし、コマーシャルやウェブサイトなどでは知ることのできない情報が多いので、いろいろな分野で比較しているサイトを利用することでより細かい部分も比べることができて便利です。
ハウスメーカーは、日本国内でも数多くありますが有名な会社はそれなりに坪単価が高くなります。
予算内で納めるためにも、こうした坪単価を比べて予算に合ったものを見つけられるのも様々なメーカーを比べるメリットです。
あこがれている会社でも、予算内に収まらなければ建てることはできませんし初めのうちにチェックしておくと、ターゲットを絞って展示場に見学に行くことができます。
ハウスメーカーは数多くある中でも、迷った時には特に比較表を見て気になる部分を比較してみるとどこに依頼すべきかがクリアになることがあります。
後悔しない住宅を建てるためにも、初期の段階でこうした工程をふむのがおすすめです。

ハウスメーカーの営業は住宅購入を最初から最後まで支えてくれる

ハウスメーカーで家を建てることを決めても、何かと不安が多いものです。住宅新築は初めての経験で、かつ人生でいちばん大きな買い物となる人も多いでしょう。
でも、ハウスメーカーでは打ち合わせから契約、竣工まで、営業担当者がずっと伴走してくれるのが一般的です。営業さんは施主の要望を聞き、各部門の担当者主との橋渡しをしてくれます。
たとえばいろいろな要望や面倒な依頼も、設計や大工さん、電気などのインフラの業者や内装業者などに直接話すのは気が引けるでしょう、でもメーカーの担当者が窓口となって話を伝えてうまく進めてくれれば、気も楽だし時間も労力も省けてスムーズに進行することができます。
これまで沢山の住宅を手掛けてきた人なら、施主の要望を聞いたうえで、よりよい提案やコストカットの方法などについても助言をもらえることもあります。頭金や住宅ローンなどのお金回りの相談にも乗ってもらえるので、心強い存在になるはずです。担当の人とは竣工後まで長い付き合いになる可能性もあるので、相性も大切です。
いい担当との出会いによって、住宅新築や購入の満足度が大きくあがるに違いありません。

ハウスメーカーを選ぶ前には住宅展示場に足を運ぼう

公式ホームページの情報だけを参考にして利用するハウスメーカーを選ぶ人もいますが、これだけでは納得できるサービスが選べない可能性があります。
ホームページやカタログでは素敵な住宅をつくっているように感じられても、実際に建物を見てみるとイメージと違ったという問題を引き起こしたり、相談を行ってみると営業マンの質が悪かったと感じたりするケースも多いです。
こうした問題を避けたいと考える場合は、事前にハウスメーカーの住宅展示場に足を運んでおくことが大切だと言えます。これに参加すると、1つだけではなく、いくつかのハウスメーカーのモデルハウスを見たりスタッフの質を確かめたりできるケースが多いので、利用するサービスを決める際に役立てることができるはずです。
たくさんの情報を得た上で納得できる会社を選ぶためにも、すぐに利用する会社を決めるのではなく、住宅展示場を見学した上でハウスメーカーを選ぶことが大切だと言えます。

全国に知られたハウスメーカーの家作りにこだわりたい

全国的に名前の通ったハウスメーカーにこだわって家をつくれば、ほぼ安心できる家を建てることができます。もちろんそれは今まで数多くの実績を作り上げているからであり、そういったハウスメーカーは家づくりのきちんとしたノウハウも持っているため、納期なども守ってもらえると期待できるでしょう。もしそのメーカーがどのような家をつくっているか実際に確かめたいなら、全国に展開されている住宅展示場を訪れてみるといいかもしれません。
住宅展示場は、大きな道路沿いや主要な駅の近くに広い敷地のなかにあることが多く、テーマパークのように家族で休みに訪れても楽しい雰囲気にしてあります。そこに、数多くのハウスメーカーの代表的な住宅が展示されています。展示されているモデルハウスのなかには営業担当者が控えてくれていて、家づくりに関するさまざまな質問に答えてくれるのです。長い付き合いになることもあるため、遠慮なく質問を投げ掛けて対応の良い担当者を見つけておくといいでしょう。

ハウスメーカーに依頼して理想の家を建てる

住み心地や利便性・居住性などに満足することができる、理想的な家を建てたいと考えている人も多いのではないでしょうか。
新築の戸建て住宅を手に入れるには、既に建てられている分譲住宅を購入するという方法もありますが、希望の家のイメージから計画して作る注文住宅を選ぶ方法もあります。注文住宅を建てるには、一般的にハウスメーカーや工務店に依頼します。ハウスメーカーは大手や中堅の住宅の建築・販売会社で、品質が安定しているのが魅力です。一から自分の希望を伝えて住宅を作るとした場合には、出来上がって住み始めてから気付くこともあるものです。しかし品質が安定していて、サービスのラインナップも豊富にあるハウスメーカーなら一生に一度の大きな買い物である住宅を購入する場合も安心感があります。好みや希望に合う間取り・デザインでありながらも住み心地の良い理想的な家を建てたい場合には、まずはハウスメーカーの資料を取り寄せてみると良いかも知れません。

ハウスメーカーでかかる費用と抑えるためのコツ

ハウスメーカーに家づくりを依頼すると、坪単価の平均は少なくとも25万円程度はかかります。40万円を切るメーカーは良心的な価格設定であり、スタンダードなグレードの資材を大量発注してコストダウンをはかっています。安さを求める場合にはこの価格帯にあるハウスメーカーから選ぶのがお勧めであり、シンプルな家づくりを得意とするタイプです。細部にまでこだわると坪単価40~60万くらいの費用がかかりますし、上質な住宅を求める場合にはそれ以上の価格になります。
限られた予算の中で建てるためには、無駄を削らなければなりません。費用を抑えるコツとして、間取りをできるだけシンプルにする方法があります。また、1階と2階を同じ間取りにしたり、壁紙のグレードを下げるのも良い方法です。設備機器に関しても下げられますが、必要な機能を兼ね備えていないと生活の質に影響を及ぼしますので、機能的に問題のないラインナップから選ぶのが鉄則です。

こだわりの家を建てるには相性の良いハウスメーカーを探す

一戸建てのマイホームを考えた時に、まず決断すべきなのが建売住宅にするが注文住宅にするかです。建売住宅は注文住宅よりも価格が低くて面倒なことが少ないとのメリットがあります。しかしこだわりのある理想のマイホームを望むのなら、やはり注文住宅を選ぶのが賢明です。
家を買うには大きなお金が必要です。せっかく大金をかけるなら、やはり自分の満足できる家を手に入れたいものです。家族が集まるリビングを充実させる、趣味を楽しめるスペースを作る、家事を簡素化できる作りにする。注文住宅ならこのように夢が広がります。さて、注文住宅で家を建てる時に注意しなくてはいけないのが、どのハウスメーカーを選ぶかになります。理想通りに家が完成するかどうかは、ハウスメーカーとの相性にかかっています。他人の勧めで選んだハウスメーカーが、自分にも合うとは限らないのです。できるだけ多くのハウスメーカーに足を運んで、納得できるところを選ぶようにしましょう。

自社施工のハウスメーカーに依頼する場合のメリット

ハウスメーカーの中には、自社施工をしている所があります。この場合、大手よりも価格的に安くなるため、予算を低めに設定しているようなケースでも色々な希望を取り入れることができます。安くても質に問題があるわけではなく、高品質な施工を行ってくれますので安心です。一般的なハウスメーカーのように下請け会社に依頼をする形を取らず、自社で直接工事を行っているために、中間マージンが発生しないのが非常に大きなメリットです。中間マージンが取られないのでコスト的に安く抑えることができ、品質にも影響が出ません。
また、工事の内容を管理したり品質をチェックしたりといった作業も全て自分の会社で行われていますので、一貫した管理が行われていることに安心感があります。全てが丸投げされているようなケースでは管理や確認が行われないケースも多く、手抜き工事や材料のごまかしが後になって発覚することもあります。施工に関して不安を持ちたくない人にお勧めのタイプです。

ハウスメーカーに関する情報サイト

群馬 ハウスメーカー

新着情報

◎2021/3/2

外装デザインの多様化
の情報を更新しました。

◎2020/12/23

安いハウスメーカーはここが不安
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

コスパでおすすめのハウスメーカー
の情報を更新しました。

◎2020/08/12

サイト公開しました

「ハウスメーカー 選ぶ」
に関連するツイート
Twitter